鬼ノ城

桃太郎伝説のルーツを辿り古代に触れる

鬼ノ城は、桃太郎伝説の中で鬼が住んでいたと言われる場所です。標高約400mの鬼城山にそびえる日本最大級の古代山城。西門と角楼は復元されており、当時の様子を目の当たりにすることができます。また眼下には吉備路一帯が広がり、快晴時には瀬戸内海から遠く四国の山並みまで見渡せます。
【所在地】総社市黒尾1101-2
併設されている鬼城山ビジターセンターは、鬼ノ城資料館と休憩などに利用できるウォーキングセンターの2つの建物に分かれています。資料館には、鬼ノ城遺跡発掘から鬼ノ城西門・城壁復元までの過程がわかりやすく展示されています。

あなたの行きたいところを、ベストなコースでラクラク観光。 私たちは、その魅力あふれる場所へみなさまをご案内いたします。 総社市にお越しの際は ぜひ総社両備タクシーの「観光タクシー」をご利用下さい。年齢・趣味・興味に合わせて、あなただけの特別プランを作成いたします。ご夫婦・ご家族・お友達との楽しい旅を演出させていただきます。